標準アプリケーション


MX-16 で起動・インストール直後からすぐ使えるアプリケーションをいくつか紹介しています。

Linux では定評あるアプリケーションで整えられているので、

他の Linux に触れているなら、すでにご存知のアプリケーションが多いでしょう。

MX Linux 固有のツールは  MX ツール で別途紹介しています。


ファイルマネージャー (Thunar)

MX Linux が採用しているデスクトップ環境 Xfce で

標準採用されているファイルマネージャーです。

 

左サイドバーにはホーム・デスクトップ・ゴミ箱、

デバイスや他のパーティション、ネットワークなど

素早く目的の場所を参照する事ができます。

 

MX Linux 独自の機能として、
カスタムアクションが予め設定されています。

  • コマンドの実行
  • ターミナルを開く
  • root で Thunar を開く・編集する

ファイル操作で困る事は少ないでしょう。


Firefox (Web ブラウザ Mozilla Firefox)

多くの Linux で標準採用されている Web ブラウザ。

Windows や macOS でも使用可能で、

iOS・Android 版も存在します。

 

MX Linux のベースである Debian GNU/Linux では

Firefox は ESR 版(長期サポート版)ですが、

MX Linux は独自に最新の Firefox を提供しています。

(2016年12月現在 Firefox はバージョン 50)

インストール直後は英語表示になっていますが、

日本語言語ファイルも提供されているため、

日本語表示が可能です。

 

なお、MX-14 では IceWeasel が採用されていました。

IceWeasel は Debian の Firefox 派生ブラウザです。


Thunderbird (メールソフト Mozilla Thunderbird)

Firefox と共に Mozilla から提供されている

メールソフトです。

POP3・IMAP 形式のメールアドレスは

これで設定を行い、メールの送受を行えます。

もちろん Gmail などの

有名なメールも設定して使用可能です。
(フリーメールなどは予め
 IMAP・POP の設定が必要な場合があります)

 

メールソフトとしての知名度がありますが、

他にもチャット(IRC)、ニュース、

フィード(RSS フィード)、
カレンダー(スケジュール管理)も備えます。


LibreOffice (オフィスツール)

Linux では多く採用されているオフィスツールです。

文章・表計算・プレゼン・図形・数式・データベース

の機能を備え、MS-Office に対抗できるツールです。

Windows・macOS 版も存在し、

標準形式は他のオフィスツールでも採用されます。

MS-Office の各種形式も読み込み・保存できます。
(完全に再現できるわけではありません)

もちろん他の形式にも対応し、

PDF 保存によって、どの環境でも
同一の表示・印刷を行う事が可能です。

 

MX Linux 起動時は英語ですが、

日本語言語ファイルをインストールして、

日本語表示で使用する事が可能です。


Mirage (画像表示)

ファイルマネージャーから画像を開く場合に

起動するのが Mirage です。

そのため通常利用では

Mirage を直接起動する事は少ないでしょう。

Mirage を起動し、フォルダを開いて、

サムネイル表示されたいくつかの画像を

切り替えて表示する事もできます。

 

また、回転・反転や切り取り、サイズ変更と

保存時に画像ファイル形式を変更する事で

画像ファイル形式の変更が可能です。

スクリーンショット機能も備え、

シンプルながらも使えそうな機能が

いくつか備わっています。


GIMP (画像編集)

Adobe Photoshop にも負けない

ペイント系の画像編集ツールです。

 

昔は動作が重く、使えない事が多かったのですが、

パソコンのスペックが向上した事と

GIMP も最適化が行われて処理が速くなり、

ある程度のスペックであれば、
重さを気にせず使えるようになりつつあります。

 

あまりにも多機能なので、

使いこなすまでは大変かもしれません。

簡単な修正が目的であれば、GIMP よりも

別の画像編集アプリを検討するのも良いでしょう。


VLC (メディアプレーヤー)

オレンジのパイロンアイコンで知名度がある

メディアプレーヤーです。

再生できる形式が多く、

ライブ形式の再生も可能です。

MX パッケージインストーラーには

他のプレーヤーも存在しますが、

VLC で再生できない事は少ないでしょう。

 

正式な著作物の DVD 再生など、

一部に問題が発生する場合は

コーデックインストールを行う事で

再生できるようになります。

(コーデックのインストール・再生は

 問題ありません)


Xfburn (CD・DVD 書き込み)

Xfce 標準の CD・DVD 書き込みツールです。

 

よく使うのは ISO ファイルを

CD・DVD へ書き込む場合です。

「イメージを焼く」でこれを実現できます。

ファイルマネージャーの .iso ファイルから

右クリック - Xfburn でも起動して、

すぐに CD・DVD へ書き込む事も可能です。

 

音楽データを独自にまとめて

音楽 CD へ書き込んだり、

不要になった CD-RW、DVD±RW の

データ消去も可能です。


Leafpad (テキストエディタ)

軽量なテキストエディタです。

機能はシンプルですが、

行番号の表示や検索など

テキストファイルの編集には

最低限十分な機能を備えています。

 

Leafpad は特に軽量なデスクトップ環境 LXDE で

標準採用されますが、

他のデスクトップ環境でも好んで

採用される傾向があります。

Xfce には同等のテキストエディタとして

Mousepad が存在するのですが、

Leafpad を代わりに採用する事も少なくないです。